みんなの退職金の使い道

Fotolia_40543452_XS.jpg長年の労働の対価として支払われる退職金ですが、退職者の方々はどのように退職金をつかっているのでしょうか。
もちろん、今まで働くのに追われていて出来なかったことに費やすのもいいのですが、全てを一気に使ってしまう方はいないでしょう。
こちらでは、退職者の方々が退職後にどのように退職金を使っているかについて紹介していきます。

・貯金
やはり、多くの方が5割以上のお金を貯蓄するようです。
高齢化が進む今日、自分が長生きする可能性も考えればいきなり全額を使うような真似はできないでしょう。
お子さんたちには迷惑はかけられないと自立を決意している方もいらっしゃるので、5割以上のお金はまず貯金に回されることが多い様です。
年金などとも相談して、貯蓄していくという方が多いのです。
とはいえ、5割を貯金に回しているということは、他にも使い道があるということになります。

・投資信託
退職者の中には、3割を投資信託や株式に費やすようです。
せっかくまとまったお金があるのですから、運用次第で増やせる投資信託などを行って老後の生活をより豊かにしようという考えがあるのでしょう。
もちろん、失敗すれば大切な退職金が失われてしまうのだから、運用には万全の準備と慎重な姿勢が必要なのは言わないでもお分かりかと思われます。

・趣味、娯楽などでの消費
貯金や投資などを行う一方で、第二の人生を豊かにするための趣味や娯楽などで退職金を消費する方もいらっしゃいます。
もちろん貯金や投資なども重要ですが、せっかく長年の労働から解放されたのですから、人生を潤していくことも大事です。
中には夫婦でちょっとリッチな旅行に行くなんて使い方をする方もいらっしゃるように、長年の疲れを癒すことに退職金を使う方もいらっしゃるようです。

以上のように、貯金や投資、消費などに退職金は使われることが多いようです。
今までの苦労の対価として支払われるのが退職金ですので、満足のいくように使ってみましょう!